平成30年7月西日本豪雨についてのお知らせ

こんにちは。プラットホームの千田でございます。

この度の豪雨被害におきまして、お亡くなりになられた方々へのご冥福を申し上げますとともに、被災されました皆様への心よりのお見舞いを申し上げ、一日も早く通常の生活を取り戻されますよう、ご祈念申し上げます。

さて、弊社におきましては、報道等ですでに報じられております「西予市」に本店がございますが、私個人または弊社事務所ともに、何事もございませんでしたことをご報告いたします。多くの方々よりお電話・SNS等でご心配の連絡を賜り、心より御礼申し上げます。

ただ、今回の豪雨で甚大な被害を受けておりますエリアは、「地域限定旅行業」を営む弊社にとりましては、まさに活動エリアそのもの。ツアーのキャンセルなども相次ぎ、売上規模のごく小さい弊社にとっては、まさに死活問題となっています。

とはいえ、「地域」の復興なしには「地域」にお迎えすることもかないません。ここはしっかりと踏みとどまり、「今何ができるか」を見据えつつ、また「地域」が皆様をお迎えできる状態となった時には、また「地域の観光プラットホーム」としての活動ができるよう、力と情報を蓄えておこうと考えています。


【追記】現在の西予市および周辺地域の状況につきまして、私が見聞した情報を記しておきます(7/17 22:00 現在)。

①鉄道

・予讃線は、内子線経由で八幡浜駅まで開通。特急「宇和海」も本数を減らして運行されています。八幡浜-宇和島間はバスでの代行運転ですが、途中「卯之町」にしか停車しません。

・予讃線海回り(愛ある伊予灘線)と予土線は、しばらく運行見合わせです。よって「伊予灘ものがたり」も運休しています。

②道路(高速道路・一般国道)

・松山自動車道は、問題なく通行できます。

・国道56号線は、西予市宇和町-宇和島市吉田町の間で通行止めのため通り抜けができません。

・国道197号線は、大洲市肱川町で通行止めとなっていますが、う回路があります。ただ4t以上の大型車は通行できませんので、当然大型バスは通行できないと思います。

・国道378号線は、各所で寸断されており、海岸地域に行かれるときは注意が必要です。

③道路(主要な愛媛県道)

・29号線(宇和-野村線)は、野村町内までは2か所片側交互通行があるものの、ほぼ通常通り通行できます。野村町内より向こうは、通行止めとなっていますので、国道197号線に出るには、35号線(野村-城川線)を通行してください。

・西予市、大洲市から四国カルストに向かうルートについては、たくさんの通行止め箇所があり、いったん国道197号線で鬼北町まで出て、高知県境付近より「スーパー林道」で向かうのが良いようです。

・それ以外の西予市内の大きな県道については、ほぼ問題なく通行できるようです。

④観光地・ジオサイト

・「卯之町の町並み」では、被害も少なくて済み、観光施設も通常どおり営業していますし、周辺の飲食店もほぼ問題なく営業しております。もちろん、弊社取扱いの「『歴史の彩』着物体験」についても、かわりなく受付を行っています。

・甚大な被害を受けている野村地区については、一部営業を再開されたお店もあるようですが、もうしばらくかかりそうです。「ほわいとファーム」は、施設被災のため営業を休止されています。

・明浜地区「大早津海岸」の砂浜が、一部流出していて危険、との情報をいただいております。行かれる予定がある場合は、確認をされた方が良いかもしれません(民宿故郷 0894-64-1616)。

・「桂川渓谷」は、遊歩道がほぼ流失している等、壊滅的な被害を受けており、渓谷内に立ち入るには、一部を除き危険な状態となっています。7/17に現地を確認し、大きなショックを受けております。

・通常ならばそうめん流しが行われている「名水百選 観音水」では、アクセス道路が駐車場の手前で土砂崩れに見舞われており、駐車場まで車が進入できません。

・城川地区では、道の駅や「ギャラリーしろかわ」は営業されていますが、「クアテルメ宝泉坊」と「宝泉坊ロッジ」が、施設被災のため営業を休止されています。「三滝渓谷」については未確認です。

その他のジオサイトについては、現在確認作業を進めておりますが、三瓶地区の「須崎海岸」については問題なし、城川地区の「穴神鍾乳洞」についてもサイトは問題ないのですが、アクセスについて通常のルートが通行止めのため、別ルートでの進入が必要、との情報をいただいております。

地域限定旅行業の実施区域が見直されました!

約半年ぶりの更新と、ずいぶんご無沙汰をしてしまいました。。。

プラットホームの千田でございます。


さて、その久しぶりの記事は、弊社のような地域限定旅行業者に関して、大変喜ばしいことです。

地域限定旅行業者の実施区域は、「旅行業法施行規則」の規定に基づき観光庁長官により定められているのですが、2018年4月1日付で次のように見直されました。

従来、地域限定旅行業の実施範囲は「自らの営業所がある市町村及び隣接する市町村」に限られていましたが、平成30年4月13日付通達によると

十九年国土交通省告示第四百五号第二号に基づく
第三種旅行業務及び地域限定の範囲 について

(一部略)

2 交通拠点についての考え方は 、以下のとおりする。
①交通拠点 とは 一般に 、駅、空港、港湾 、バスターミナル( バス 停留所のうち、複数の路線発着点として旅客の乗降、乗り換え等の用に供するものをいう。) 等が 該当するが 、これに限らず 、地域の交通・観光の実態に応じて交通拠点を選択することは妨げない 。

②自らの 営業所 から 「最寄り」の交通拠点の存する市町村からの発着が認めれる。ただし、交通手段 によって 「最寄り」の交通拠点存する市町村が異なる場合、 地域の交通 ・観光の実態に応じて 交通拠点の存する市町村を選択することは妨げない( 例:A市に最寄りの駅、B市には最寄りの空港 があり、B市からの発着を行いたいというような場合) 。

3 告示第二号の適用範囲は、以下のとおりする。
①交通拠点の存する市町村の区域内であれば 、いずれの交通拠点からであっても、発着は認められる。

②交通拠点の存する市町村の区域内であれば 、当該交通拠点以外の地点からであっても、発着は認められる (例 :交通拠点に近接する宿泊施設からの発着を行いたいというような場合 )。

③交通拠点の存する市町村の区域内であれば 、当該区域が自らの営業所の存する市町村の区域とは異なる都道府県の区域となる場合であっても、発着は認められる。

 

この文書ではわかりにくいので、同時に配布されたチラシを表示しておきます。

【区域見直しイメージチラシ】

区域見直しイメージ

つまり、弊社の場合で言うと「地域の交通・観光の実態に応じて」という文言を素直に解釈すれば、「松山市からの発着」が可能となったということなんです。

松山市にはJR四国「松山駅」、私鉄の伊予鉄道「松山市駅」、それぞれの駅前にある「バスターミナル」、「松山空港」、「松山観光港」とこれだけの交通拠点があり、またこの街は四国最大の誘客数を誇る一大観光都市でもあります。この地を発着地として行程を組み立てることができるようになったということは、弊社にとってはかなりのプラスに作用することは確実です。

このことをうまく利用して、魅力ある商品づくりをしていきたいと思います。

道後編_01

◎写真は観光列車『伊予灘ものがたり』 この列車を利用した企画も組んでみたいなぁ。。。

まちづくりに「よそ者」は参加できない?~「卯之町『はちのじ』まちづくり整備事業説明会」に参加して感じた違和感

ほぼ2か月ぶりの更新がこんな内容でよいのか?という躊躇はあったのですが。。。

私の中では看過できない感覚でしたので思い切って書かせていただきますが、この記事は決して批判を目的に書かれたものではないことを、先にお断りしておきます。

こんにちは。プラットホームせいよ 代表の千田です。

先日、西予市が推進している

卯之町「はちのじ」まちづくり整備事業

の住民説明会に参加してきました。

この事業については、市のホームページにこのようなことが書かれています。

「JR卯之町駅」、「商店街」、「卯之町の町並み」は個別のモノとしてまちづくりを行ってきました。
市ではこれらのモノを一体的な空間ととらえ、数字の「8」を描くような人の流れをつくる「はちのじ」まちづくり構想を「官民連携」の手法により推進しております。魅力あふれる「はちのじ」まちづくりを進めるにあたり、市民の意見や地域の課題を集約し、その方向性の検討を行うため、平成26年には、卯之町「はちのじ」まちづくり推進委員会を設置しました。
平成27年2月に『卯之町「はちのじ」まちづくり基本構想』が推進委員会から提出され、市では、基本方針に基づき、まちづくりの整備を進めております。
さらに、平成27年8月から、「旧宇和病院跡地」も「はちのじ」のエリアに含め検討を行っております。さて、官民連携とは、行政主体で実施してきた公共サービスを、何が最も有効的で効率的なサービスの担い手になり得るかという観点から、行政(官・公)と民間事業者(民)が相互に連携して実施していくものです。
行政サービスに民間のアイディアや資金、技術、ノウハウ等を取り入れることで、サービスの向上、事業効率のアップ、財政負担の軽減、地域経済の活性化を目的としております。

人口減少社会となり、市では、新しい「地方創生」の仕組みづくりについて調査・研究を行い、推進をしております。皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。

https://www.city.seiyo.ehime.jp/zokusei/unomachitsukuri/(西予市HP 卯之町まちづくり構想)

 

ここに書かれている「官民連携」の手法として

PFI(Private Finance Initiative)方式

を採用し、その担い手として 株式会社西予まちづくりサービス という会社と事業契約を締結し、2017年10月に事業を開始したことが紹介されました。

このPFI方式、民間部門の持つノウハウや資金を活用することで

  • 住民サービスの向上、効率的かつ効果的な公共サービスの提供
  • 財政支出の平準化
  • 行政と民間の新たな提携及び民間事業の拡大

が期待できるとされていますが、正直なところ

今回の説明を聞いただけでは分からない

というのが私の感想です。

というのも、この担い手事業者が、専門家集団だとはいえ9社もの会社が参画していることと、その9社のうち 1社も西予市内の企業がない からなんです。

西予市も西予まちづくりサービス様も、ハコモノ建設や運営管理、サービスなどの部門について、西予市内の企業にできるだけ再発注をしていくとおっしゃっていましたが、私はこのやり方には疑問を感じざるを得ません。担い手の企業体(あえてこう表現してしまいますが)も営利企業である以上、この事業で大きな収益を上げることを目的としているのは想像に難くなく、末端の受注者となってしまう西予市内の事業所に対して、どれだけの利益をもたらしてくれるかは全く不透明です。実際、事業費の配分についての説明は、今回は全くなされることはありませんでした。

また、この事業費についても、分からないことが多すぎます。

西予市と担い手事業者の契約額は

¥1,937,543,767(税込)

だそうで、契約期間は 平成29年10月~平成44年3月(平成は確か31年まで(笑))の14年6ヶ月 だそうです。細かく金額を書いたのには訳があって、上記の長期契約を遂行するのにこれで足りるのか?という心配もさることながら、この企業体が事業遂行に当たって、どのくらいのリスク配分を背負っているのかも気になりました。

西予市は、PFIで圧縮できた事業費の額を約1億円、と説明していましたが、たったの1億円? と思ったのは、説明会参加者の中でも私だけではなかったはず。この企業体は、県内2つの銀行から資金調達も行っていく、と説明していましたが、この資金調達額によって事業に対する「本気度」がわかるのではないかと思います。

また、この「本気度」に関しても、別の気になることが。それは

地元住民が抱く、あまりに強い不信感

です。西予市も担い手事業者も、「住民の皆さんには懇切丁寧に説明してきたし、ワークショップの開催等で事業に対する啓発活動や意見交換も行ってきた」とおっしゃっていましたが、ならばどうして「事業を白紙に戻してやり直せ」などという辛辣な意見が、住民側から飛び出してくるのかが理解に苦しむところです。公共事業なので、もちろん遂行させる方向で物事を考えていくことは重要なのですが、その事業の受益者となるはずの「住民」を事業主体側が軽視していたのではないかと疑われるほど、住民の皆さんが抱く怒りのボルテージは、私の想像を上回るものでした。

ただ、その住民の皆さんの意見で、私が少し的外れに感じてしまったものがあることは否定できません。いろいろなご意見を伺っていく中で私が感じたことは

「まちづくり」は、地元民が地元民のために考えればいいのだ

というお考えをお持ちの方が多数いるのではないか、ということでした。

これは卯之町に限らず、全国割とどこでもはびこっている考え方なのではないかと思うのですが、かつてうまくいった手法や考え方に固執して、「よそモノ」は自分たちの手足となって動けばいいんだ、と考えてはいらっしゃらないでしょうか。

もちろん、伝統を重んじることは大切ですし、そこで暮らしている方が、その場所を一番ご存じであることは間違いありません。ですが排他的(は言い過ぎですね、少なくとも私は広く皆さまに受け入れていただいてます)な考え方を万が一お持ちなようであれば、これ以上「まち」の発展が難しくなるのではないかと心配しています。

「よそモノ」には住民の皆さんにはない「視点」と「考え方」があります。

それを上手に生かして、もう一度「人が集まるまち」を作っていく作業、それは楽しいと思いますがいかがでしょうか?

町並み0121_01

重要伝統的建造物群保存地区『卯之町の町並み』

風情ある本当に素敵な町並みです。この路地に賑わいが戻ってきたら、何てステキなことでしょう!

 

素人のたわ言かもしれませんが。。。

やばい、また一月ぶりの投稿になっています。

こんにちは、プラットホーム 代表の千田です。

そんな久しぶりの投稿なのに、頓珍漢な記事かもしれないことをお断りしておきます。

私が何を言いたいのか。

それがこの記事についてです。

「阿蘇の柱状節理 無残 国が復興工事で破壊」(毎日新聞 2017.9.14)

阿蘇世界ジオパークの見所である「立野峡谷」の『柱状節理』という地質上の現象が、熊本地震で崩落した阿蘇大橋の復旧工事で破壊されたというものです。

おそらく、ジオパーク活動を手がけていらっしゃる関係者の皆様の中にも、衝撃を持ってこの記事を読まれた方がいらっしゃるのではないかと思います。

しかしながら、私はこの記事について、ある「違和感」を持って受け止めました。

少し言葉が悪くなって申し訳ないのですが

国が全部悪いみたいじゃん!

と感じたんですね。

確かに、学術的に貴重な場所を、地元への通告なしに破壊するのはどうかと思いますし、地域復興のためだったら何をやってもいいのかと言えば、そんなことはない、と思います。

ですが、国土交通省は「阿蘇世界ジオパーク」の構成員である組織には、橋をかける場所についての説明はしているようですし、ほとんどが民有地だった土地を国が買い取って工事を進めている点からも、元の土地の所有者の方々からは了承を得ていると思って間違いないかと思います。

つまり、手続上は何の瑕疵もないと考えられます。

また、崩落した「阿蘇大橋」は、地域にとっては生活や経済活動の一翼を担う重要なインフラでしょうし、阿蘇地域の産業のためにも、国道57号線がこの場所で寸断されたままになっていることは、良いことではないのは明らかです。

記事の中に「ジオパーク関係者には事前に知らせて、より良い方法を考えるべきだ」と話されている方がいらっしゃいましたが、地元住民の方々は

「そんな悠長なことを言ってる場合じゃない」

と感じていらっしゃるのではないかと心配しています。

さらに、関係者以外の地元住民の意識の中に、この場所が「貴重な場所」としてそもそも認識されていたか、という疑問も残ります。

私は、この記事が「国土交通省 vs. ジオパーク関係者(=地元)」として書かれていて、必要以上に「国」が悪者扱いされている点がすごく気になるんです。

“Sustainable Developments”(持続可能な開発)は、ジオパーク活動の重要なテーマではありますが、「住民の安定した生活」が成立していてこそ、持続するための知恵が出てくるのではないでしょうか?

工事がある程度進捗してしまった後に「あと出しじゃんけん」のように大新聞に掲載されたこの記事、日本のジオパーク活動が「ジオパーク村」になってしまわないように、しっかりと本質を見極めてみる必要があると私は考えます。

写真は全く関係ないのですが、「四国西予ジオパーク」のジオサイト

「大野ヶ原 寺山ポリエ」

です。

0812terayama_03

「価値」を創り出す、ということ。

今回の記事は、またまた読ませていただき感銘を受けた「今井学さん」のブログ記事からです。

「独自の価値」を見出すこと、簡単に言いますが結構難しい、と私は考えています。


こんにちは! 「旅」と「あそび」の案内所~プラットホームせいよ 代表の千田でございます。

今回紹介させていただくブログ記事はこちら。

独自の価値を見つけないといけないのは個人も会社もまちも同じ~まちで独自性は出せるのか?

というタイトルで書かれたもので、「城崎温泉」と「豊岡市」の例を挙げて考察されています。

今回も「なるほどなぁ。。。」と考えさせられる視点での鋭い考察にノックアウトされ気味ですが、その中でも私が一番考えさせられたのが、一番最後の一文

元々からある資源に頼っていてはダメ

というものでした。そこで私が振り返ってみたことは。。。

「会社」としても「個人」としても

「独自性」のあるものは、創り出せていない

ということでした。

誤解のないように先に書いておきますが、すでにあるもので「良いもの」「利用価値のあるもの」に関しては、使わせていただければいいと思います。

ただそれのいわゆる「パクリ」や単純な「焼き直し」では、今頃の目の肥えた観光客のみなさんには、簡単にその「価値」を見破られてしまうでしょう。

ここで恥を忍んで、上手くいっていない例を私の手がけている商品から。

「着物美人へのパスポート」

パスポートちらし

これは地元の市民グループさんが、同じ名称で3年ほど前から実施されているものを、少し内容変更したものです。ですがこの商品

“ 何が「魅力」なのかがよくわからない ”

というご意見を、残念ながらよく頂戴します。

利用する側の立場で見てみれば、「和装の体験メニュー」は愛媛県内でも珍しいものではないし、それをわざわざ西予市まで行って体験してみよう!を思いつくほどのものでもありません。

そこで付加価値をつけようとして、私が犯した失敗があります。

この体験メニューが実施されている「卯之町の町並み」では、そこそこ好評をいただだいている「明治の授業体験」というメニューがあり、それはこれまでの着付け体験ではオプションとなっていました。

そこで私は、それを「着付け体験」の中に組み込んで、この町での「体験メニュー」を一元的に買っていただこうと目論んだわけです。

つまり私は

これで独自の価値をつけることが出来たはず

と考えてしまったんですね。

しかしながら、これをよくよく考えると

「これまであったもの」を組み合わせたに過ぎない

ということに気づくはずです。そりゃあ「魅力」を新たに感じられるはずがありませんよね。

この商品、春までの間に、

「それは行って体験してみたい!」

と思っていただけるような内容に、リニューアルをしていく予定です。

情けないことなんですが、まだまだ自分のことに精一杯で、今井さんの記事に書かれているような「まち」の視点に立った「価値の創造」をやっていくのには、全く修行が足りません。

まずは自分の足元固め、しっかりやっていこうと思います。

7.11mezuru_01

【四国カルスト、夏空。】 撮影場所:愛媛県久万高原町「姫鶴平」

ブログ、再々始動です(^_^;

戒めのブログ記事をアップしたのもつかの間、またもや更新が止まっておりました。

毎日書くことが大切なのは、当社に関心を持っていただくために重要であることも理解しております。

日々の仕事を見つめなおす意味でも、定期的に(なるべく短いサイクルで)このページと向き合おうと考えております。

今日は(あっ、もう昨日か)、抱えていた懸案事項がとりあえずの落ち着きを見せ、まずまず前向きな話が出来た、良い1日だったのだと考えています。

なかなかすぐには結果も出ませんが、そのための種まき作業も進めていけてるようには感じられるようになってきています。

スケジュールをバッティングさせたりとバタバタも続いていますが、何とか会社を良い方向に導いていきたいと思います。

この記事をご覧いただいたみなさま、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

20160721_tengu01

ハンカイソウ~夏の青空の下で

久しぶりに投稿します。

前回の投稿が5月31日。

1ヶ月以上も、発信を怠っております。

久しぶりの投稿がこんな内容でいいのか、と考えたりもしましたが、自分への戒めのために書き残しておくこととしました。

 

その内容とは「自分の仕事への向き合い方」です。

 

誠実に向き合っているか。

出来ないことを、人のせいにしていないか。

出来ないことを時間がないせいにしていないか。

やらなければならないことを、着実にこなせているか。

 

現状どれも問題があるように感じています。

当社の年度では、すでに2017年度は半分を過ぎてしまいました。

何をなすべきかは理解できたので、ここからしっかり取り戻していきたいと思います。