「告知」の難しさを痛感しております。。。

阪神が大勝して、気分はホクホク♪

長~い試合を最後まで見て、入浴後少し錦織選手の試合を見ていたため、こんな時間になってしまいました。

明日も頼むぞ!阪神タイガース!!

さて、本題はここから。。。


こんにちは。「旅」と「あそび」の案内所~プラットホームせいよ 代表の千田隆之です。

今日は「告知」の難しさを痛感しているお話です。

現在、当社で取り扱っている商品につきまして、いろいろな方法で告知を行っています。

◎asoview! サイト「四国西予ジオパーク」ページ

asoview!バナー

◎じゃらんnet 「旅」と「あそび」の案内所~プラットホームせいよページ

jaran banner

◎瀬戸内Finder 「瀬戸内リリース」への記事掲載とバナーの設置

servce016_finder02

などです。しかしながら。。。

まったくと言っていいほど「成果」に結びついておりません!

 

また、当社催行のジオツアーにつきましても、Facebook などで告知を行っています。そのツアーは、

「奥地あじ」のナゾ~おいしさの秘密を探る

というタイトルなのですが、告知を始めてほぼ1週間、ご予約はおろかお問い合わせの電話もありません。

banner

このツアーは、あわせて「広報せいよ」の記事としても取り上げていただきました。

こういった地元自治体が発行する広報誌は、リテールではまずまず力を発揮する広告媒体だと思うんです。

実際、昨年10月にこの「広報せいよ」に記事掲載されたツアーには、14名のご参加者がいらっしゃったんですね。ですから今回も、広報を見た方がある程度ご参加いただけるだろう、と目論んでいます。ですが。。。

もうおそらく、西予市内全戸に「広報せいよ」の配布が終了していると思われるこの段階で、

反応がまったくありません。

これはとても「想定外」な出来事です。しかしながら、反応がない理由についてはある程度わかっています。それは、

「告知」していることを知らない

ことにつきるのではないかと思います。

今はまだ「告知の告知」の方法を見つけられていませんが、今後はその方法を確立すべくいろいろやってみたいと思います。


ということで、再度の告知です。

2017年度ジオツアー vol.1

「奥地あじ」のなぞ~おいしさの秘密を探る~

ご参加をお待ちいたしております。

お申し込みは下のバナーをクリックしていただくか、

banner

お電話 090-7787-4089 株式会社プラットホーム

にてお承りいたします。

久しぶりに、ガッツリ「撮り鉄」♪

私のFacebookタイムラインにはすでにアップ済みなのですが、久々にガッツリ「撮り鉄」をやってしまいました。

近くではあるんですが、あまり行ったことがない地域だったので「あれもこれも」と欲張ってしまい、結局外に出ていた時間は7時間以上。。。

本日の記事は、この「撮り鉄」を仕事である「旅行業」と結び付けられないか、少々検討してみたいと思います。


 

こんにちは!「旅」と「あそび」の案内所~プラットホームせいよ 代表の千田隆之です♪

5月28日(日曜日)、良い天気に誘われて撮影行に出かけてきました。

行き先は、「土佐くろしお鉄道・中村線」です。

この路線は、近い場所なら自宅からだいたい1時間くらいでたどり着ける場所であるにもかかわらず、なかなか足が向かないという「近くて遠い場所」でもありました。

まず向かったのが、中村線 若井-荷稲 間にある

川奥信号所(ループ線)

です。ここは中村線とJR予土線の分岐点であり、鉄道ファンなら知る人ぞ知る「ループ軌道」がある場所です。

183-KAWAOKU

【引用元】さいきの駅舎訪問(作成:西崎さいき様)※無断転載厳禁

地元の鉄道ファンとして恥ずかしい話なのですが、このループ線がほぼ全線にわたってトンネルだということを、私は全く知りませんでしたので、「どこかで列車がぐるっと回っている様子が撮影できるに違いない」と勝手に想像して、ワクワクしながら現地入り。

現地に到着して愕然としても、時すでに遅し。

信号所のポイント付近にも近づけるような道はなく、軌道内に侵入しないことにはたどり着けそうになかったので、ここでの撮影は断念。。。(軌道内への立入りは、法律で禁止されている行為です。ココ重要!)

近くで撮影ポイントを探して、ループから下りてきたところに架かる橋梁のそばでカメラを構え、撮影したのがこの写真です。

nanpu3_02

新緑の中を行くアンパンマン列車

です。なかなか雰囲気がある一枚になったと自画自賛(^_^;

ここではちょっと不完全燃焼な感じでしたので、今度は海と列車のコラボを狙って撮影場所を探しました。

これがなかなか見つからず、ずいぶんと中村駅方面に移動した「有井川駅」の付近で、やっと線路の向こう側に海が見える場所を発見!

ここで狙い通り、先に撮影していたアンパンマン列車が中村から戻ってくるやつをゲット!

nanpu24_01

ですが、少し海の様子がわかりにくい一枚になったので、今回目星をつけておいた別の場所から、次回は狙ってみたいと思っています。

また、この「土佐くろしお鉄道・中村線」には、JRの車両とは一風変わった、可愛くてカラフルな車両が走っています。

kawaoku_02

ariigawa_01

「撮り鉄」の皆さんには、大変興味を持っていただけそうな路線だと思いますが、ここで

「撮り鉄ツアー」実現

の可能性について考えてみたいと思います。

まず最初に考えることが

①撮影ポイントまでの交通アクセス

です。これが意外に厄介な問題。

中村までの区間では、時刻表によると特急列車は1時間に1本は走っています。

ですが、良さそうな撮影ポイントは、やっぱり普通列車しか停車しないような駅の近くがほとんど。しかもその駅からかなり歩かないと近づけないとか、都市部では考えられないことが四国西南地区では普通です。

普通列車は1時間から長い時には3時間程度も走っていないことがあり、いわゆる「乗り鉄」をしながらの撮影行は現実的とは言えません。

確実には言えないのですが、おそらく路線バスでの移動も似たり寄ったりだと思います。

ということは、公共交通機関を使っての「撮影旅行」については、かなり難しいという結論になりそうです。

つまりこのあたりで「撮影旅行」をやろうとしたら、

自家用車での現地集合

が一番現実的な方法なのではないかと思われます。

②当社の業務範囲で、この地域の「旅行」を催行できるか。

はい、これの答えは「ノー」です。

当社は地域限定旅行業であるがゆえに、本店所在地の 西予市 または 境を接している市町村 の範囲内でしか、企画も手配もできないということになっています。

これは「旅行業法」の決まりですので、如何ともしがたい部分ではありますが。。。

つまりやりたくてもできません(^_^;

ただ、ほかの会社が企画した旅行商品を、当社が代行して販売することは可能 です。

どなたか、私も企画を手伝いますので、

四国の端っこ「撮り鉄」ツアー

やりませんか?

「西予市」って、どこ? ~つづき~

先日のブログ記事で、

「西予市」がほとんど知られていない

ことについての私の見解をお話しましたが、それでも西予市に来ていただきたい私がどうしているか、についてお話したいと思います。

その方法のひとつがこれ。

nekannon sunset

「おっ」と思ってもらえる写真を見せることです。

そんなの当たり前じゃん、と思われるかもしれませんが、私は名刺のオモテにこの写真をはじめ5種類の写真をプリントしています。

名刺オモテ 名刺オモテ

これがきっかけで「ここはどこですか?」という会話が始まることがあり、そこから「行ってみたい!」という興味につなげることをしたりもしています。

単純なイメージ戦略の一つですが、知ってもらうきっかけとして

視覚に訴える

ことが効果を発揮することは、おそらくどなたにも納得いただけることではないかと思います。

それと同時に

魅力あるコンテンツづくり

にも力を注いでいきたいと思います。

これは会社の業務として当然取り組んでいかないといけないことですし、アイテム数を増やしていくことで「興味を持っていただく対象を増やしていく」ことを続けていけば、その延長線上で全体を知ってもらうことにつながる、のではないかと思うからです。

今のところ「西予市」の知名度の低さには閉口するばかりですが、地道に「来ていただく努力」を続けていきたいと思います。


じゃらんnet  さんの予約ページです。ご利用をお待ちしております。

jaran banner

「西予市」って、どこ?

本日の記事は、「地域限定旅行業」を生業とする私が、課題だと思っていることです。

「西予市」

ある自治体の名前なのですが、みなさんすんなり読めますでしょうか?

おそらく、この自治体の近くにお住まいの方と公務員さん以外では、愛媛県内在住でもすんなり読めない方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。

「せいよし」

と読むんですが、誕生して10年以上たった今でも、まだまだなじみが薄いのではないかと私は思っています。

「西予」という字面を見て「さいよ」と読まれてしまったり、愛媛県外の方には同じ県内の「西条(さいじょう)」と間違えられたりとさんざん。

なぜこんなに特徴がなく記憶に残らない名前にしてしまったのでしょうか。(余談ですが、愛媛県の方々は、あんまりネーミングセンスがないように感じられます)

名前をまともに覚えていただけない場所の、正確な位置を認識していただけるはずもなく、県外で自社の説明を求められたときに

「これ何て読むの?」「どのあたりにあるの?」

というのが鉄板の質問になっています。

じゃあどこにあるのか?

西予市位置図

正解は地図の中の濃い赤で示された部分。

「西予」という名前からイメージされる「伊予の西側」では、伝わりにくい位置関係だと思うんです。

都会の旅行事業所さんでも比較的名が通っている「大洲」「内子」「宇和島」を使って説明するのですが、なかなかピンときてもらえません。

そんな「わからない」場所には、「行ってみよう」と思っていただけないのではないでしょうか。

じゃあ、来てもらいたい私はどう考えているのか。

それは次回の記事で。


◆「うのまち着物美人へのパスポート」 じゃらんnet 様ご予約ページです。

jaran banner

じゃらんnetで「着物美人のパスポート」を販売しています♪

株式会社プラットホームは、じゃらんnet さんの「遊び・体験予約」ページ 上に

「旅」と「あそび」の案内所 プラットホームせいよ

のページをオープンさせました!

このページは、下のリンクから見ていただけます。

http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000188649/activity_plan/?showplan=ichiran_planall&screenId=OUW1601&dateUndecided=1

このページの中で、先日のブログ記事で紹介いたしました

「着物美人へのパスポート」

を販売いたしております。

皆様のご利用を、心よりお待ちいたしております。

パスポートちらし

 

「四国デスティネーションキャンペーン」は、地域観光に利するイベントでしょうか?

2017年4月1日~6月30日 の3ヶ月間

四国デスティネーションキャンペーン(四国DC)

が開催されています。ですが。。。

みなさん、何が行われているかご存知ですか!?

おそらくほとんどの方がご存知ないのではないかと思います。

例えばこの列車

unomachi_03

「DC四国一周号」という観光臨時列車なのですが、四国DCの公式ホームページを見ても、この列車の運行について何も掲載されていません。

DCに情報提供を行っている事業所である私でも、この列車の運行状況はSNSのフォロワーさん情報で知った、という有様です。

伊予大洲駅など、この列車用の観光商品を展開している駅以外での停車時間は短く、もちろん乗客の皆さんは降車することはありません。

この列車の目的が「四国島内を周遊して、四国のいい所を乗客の皆さんに車窓から見ていただき、車内での観光案内もやって四国観光への動機づけにしてもらう」ことなのかもしれません。

でもね(ちょっと言葉が乱れますが)

そんなことでお客さんが来るならば、地元の観光事業所は苦労しない

と思うんですよね。

停車駅についても、JR四国さんの方で慎重に選定され、乗客の皆さんに喜んでいただけるような配慮はなされていると思います。

ですがね(またまた言葉が乱れますが)、決める際に一言も弊社には打診がなかったんですよね。

同じように観光商品の情報提供を行わせていただいていれば、こちらにもチャンスがあったかもしれないんですよね。

以前、JR四国さんのキャンペーン列車が南予の各駅を停車して、それぞれの駅周辺での観光展開を行った、ということがあったのですが、その際の乗客アンケートで「もう一度訪れたい街は?」という設問で、西予市が一番多くの回答をいただいていたことを、JRさんは忘れてしまっていたのでしょうか?

その時も私が西予市の観光イベントの手配を担当していて、JRさんとの折衝もほとんど私が行ったと記憶しております。

また、これはあんまり言いたくないのですが、ちょっとした「貸し」をJRさんに作っていたことも思い出しました。

それなのに、同じ土俵にすら乗せていただけないのです。

今回停車駅に選ばれたところは、おそらく大変なご苦労をして「わが街」の売り込みをなさったであろうことは、想像に難くありません。

ですが、こんな列車が運行されることすら知らされていなかったら、売り込みのしようがありません。

JRさんへの情報提供元は、愛媛県の観光担当部門だと思うのですが、西予市はどうでもいいのでしょうか。

釈然としないことばかりだったので、長々と愚痴を書きましたが、このDCというイベントは、JRのステークホルダーたり得る一部の事業所・自治体のみがいい思いをして、一応参加への声掛けをされている「その他大勢」は、イベントの賑やかしなどの苦労ばっかりしてあまり得るものがない、という構図になっているような気がしてなりません。

大体ですね、たった3ヶ月で四国全体の観光キャンペーンを仕掛けるなんて、大きな効果が上がるかどうかは自明ですよね。

私は鉄道ファンですので、JRさんとは良好な関係を築いていきたいのですが、DCに関しては大きな疑問符を浮かべざるを得ません。

 

「プラットホームせいよ」です!

プラットホームでのブログを始めます♪

これまでブログ記事を書いてきました

一般社団法人SGS

でのブログ記事では、結構「プラットホーム」の業務内容について書いてきたことも多くありましたが、4月を迎え新しい商品展開も行うことになりましたので、

プラットホームせいよ

として、独自の記事を展開していこうと思い立ちました。

こちらでは主に

・当社の業務内容

・旅行商品の紹介

・私のいろいろな考え

・写真撮影記録

を記事にしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

プラットホームロゴ最終